理事長の挨拶

理事長の挨拶

イメージこの度、小野良樹前理事長の後任として本会理事長に就任いたしました久布白兼行と申します。どうぞよろしくお願い申し上げます。
本会は1949年、東京・京橋に財団法人東京寄生虫予防協会として発足しました。その後、財団法人東京寄生虫予防協会は事業を寄生虫から健診へと拡大し、1967年、東京・市谷に財団法人東京都予防医学協会として新たにスタートをしたのであります。
一方、国は1963年老人福祉法を制定して高齢者の健康診査を行いました。さらに2000年には「健康日本21」を掲げ、一次予防が重視されることになりました。2002年には健康増進法に基づくがん検診を制定し、2008年にはメタボ対策として特定健診・特定保健指導を始めたのであります。2013年には第2次の「健康日本21」が施行されて現在に至っています。
こういった国の要請に応えて、本会はこれらの健診・検査、健康支援等の業務を着実に実施してまいりました。特にがん検診については精度管理を徹底的に重視しております。2007年にはプライバシーマークを取得、そして2012年には公益財団法人として再出発しました。また、職員・スタッフの健康は事業の生産性向上にも寄与すると考え、近年は健康経営の取り組みに力を入れてまいりました。2019年に健康経営宣言を本会内外に発信し、2021年には健康経営優良法人認定制度「健康経営優良法人2021(ホワイト500)」に認定されております。
本会の理念は予防医学を通じ、人々の生涯健康、健康寿命の延伸を目指すことであります。この理念に基づき、学校保健、母子保健、地域保健及び職域保健の健診・人間ドック・検査を中心に予防医学の推進に努めてまいりました。本会での母子保健事業の一つとして1974年から東京産婦人科医会と専門医の協力を得て、全国に先駆けて先天性代謝異常等の検査を実施しております。現在は、東京都からの委託を受けて、都内で生まれた新生児のマススクリーニングを実施し、最近ではライソゾーム病などのスクリーニング検査に関する試験研究に着手したところであります。
2020年以来、世界を席巻した新型コロナウィルス感染症に対しては、その感染対策には万全を尽くし、受診者とスタッフの健康と安全を守るべく日々努力しております。
「人は城、人は石垣、人は堀」という言葉があります。今日のような時代にこそ人の繋がりが大切であると再認識しています。
今後も本会は職員・スタッフの繋がりを要諦として、精度管理を重んじる健診・検査を実施し、健康支援及び健康教育を通じて公衆衛生の向上に努める所存です。
どうかよろしくご指導・ご鞭撻を賜りたくお願い申し上げます。

2021年10月
公益財団法人東京都予防医学協会
理事長 久布白 兼行

公益財団法人東京都予防医学協会 事業案内ビデオ

協会概要