脊柱側弯(そくわん)症検診

脊柱側弯症とは

脊柱側弯症とは、脊柱がねじれを伴って左右に曲がる症状のことを言います。
もととなる病気がある場合や、生まれつき背骨に奇形がある場合もありますが、一番多いのは、特発性側弯症と呼ばれる、まだ原因のよくわからないタイプの側弯症です。

日本脊柱側弯症学会HP
理解と治療のための側弯症TOWN 

脊柱側弯症検診
(脊柱側弯症の場合、左写真のようにモアレ縞が左右非対称になります。
右は脊柱側弯症患者のエックス線写真)

本会の側弯検診

専門医との連携で、早期発見に成果を上げています。
本会は都内の公立小中学校および一部の私立学校について、整形外科の脊柱側弯症専門医と連携し、年間約6万件の1次検査を実施しています。
1次検査にて、三次元モアレ撮影を実施した後、精密検査が必要になった方に対しては、直接X線撮影・脊柱側弯症専門医師による診察を実施しています。

最新の情報は「東京都予防医学協会年報」へ 

小児側弯症相談室のご案内

本会では専門医による「小児脊柱側弯症相談室」を設け、検診で異常が発見された子どもの経過観察や、治療等についてのアドバイスを行っております。

相談室についてはこちら