胃がん検診X線撮影従事者講習会

東京都内の施設で胃がん検診に従事している診療放射線技師を対象とした講習会です。
今年度は主に初級者向けのプログラムで実施します。

開催日時 令和3年1月23日(土) 14:00〜17:00
※ 全プログラムにご参加ください。
会場 TKP市ヶ谷カンファレンスセンター 3階 カンファレンスルーム3C  (市ヶ谷駅 徒歩2分)
(新宿区市谷八幡町8番地TKP市ヶ谷ビル)
プログラム 胃がん検診に従事する診療放射線技師のうち、経験のない方や少ない方を対象に胃がん検診における撮影、読影の基本的なことを学びます。


14:00-14:05 ガイダンス
14:05-14:35 講義(1)胃がん検診 知っておくべきこと(バリウム、発泡剤、撮影装置、禁忌事項)
東京都予防医学協会放射線部 富樫聖子 技師
14:35-15:15 講義(2)基準撮影法の手順
東京都予防医学協会放射線部 草苅正典 技師
15:25-15:55 講義(3)胃の解剖と胃がんの病理
慶應義塾大学病院予防医療センター 吉田諭史 医師
15:55-16:55 講義(4)胃X線画像の見方、考え方
慶應義塾大学病院予防医療センター 吉田諭史 医師
受講対象 東京都内の施設で胃がん検診X線撮影に従事している診療放射線技師 等
(東京都外に勤務の方は受講できません)
受講定員 先着30名程度
受講料 無料
申込期限 1月13日(水)
ただし、申込者が定員に達した時点で、受付を終了します。
申込方法 開催中止しました
注意事項 1月20日(水)までに、公益財団法人東京都予防医学協会より、当日の受講案内をメールにて通知いたします。
メールが届かない場合は、お手数ですが下記問合せ先までご連絡ください。
その他
  1. 日本消化器がん検診学会が認定する胃がん検診専門技師の資格更新単位(2単位)認定の講習会です。
  2. 新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、以下の対応を行います。
    ・国の方針に基づき、受講者数が収容定員の半分以内となるよう、広い会場を使用します。受講者同士 の間隔についても一定距離を確保します。
    ・読影実習は行わず講義のみの講習会といたします。
    ・検温の実施、マスク着用、手指の消毒等につきまして、受講生の皆様にご協力をお願いする予定です。
    ・今後の流行状況によっては、講習会を中止とさせていただく場合がございます。
お問い合わせ先 公益財団法人東京都予防医学協会 地域・学校保健事業部 渡邉
住所 〒162-8402 東京都新宿区市谷砂土原町1-2
電話 03-3269-1134  FAX 03-3269-7562