3Dマンモグラフィ(トモシンセシス)

3Dマンモグラフィ(トモシンセシス)に関する研究を始めます

本会では、2017年5月から女性検診センターに3Dマンモグラフィを導入し、日本人女性に有効であるかどうかの研究を行います。
2Dに比べ、より多くの乳がんを発見できると言われている3Dマンモグラフィについてご紹介します。

イメージ

イメージ
アームが回転し、1つの乳房に対し
たくさんの断面の画像を作成していきます。

イメージ

乳房は厚みがある立体ですので、1枚の画像では奥の方の乳腺と重なってしまい、「がん」が見えにくくなることを経験します。
3Dマンモグラフィではたくさんの断面画像をみることで奥まった乳がんも検出可能となります。

イメージ

2Dでは厚みがあるために、紫で示す「がん」が見えなくなることがあります。
3Dでは細かいスライス画像なので検出が可能です。

今回、本会に導入される3Dマンモグラフィ(トモシンセシス)は、アメリカの「ホロジック社」のものになります。
この装置は全世界50ヵ国で導入されており、2016年現在、この装置で3Dマンモグラフィ検査を受診した女性は世界で1,000万人以上に及びます。
海外のデータでは、3Dマンモグラフィを用いることで「進行がんの発見率が41%増加した」「良性疾患を正確に診断する能力が40%向上した」と報告されています。

【2D 画像】イメージイメージ
【3D 画像】イメージ

2Dと3Dでは乳がんの見え方がこんなにも違ってきます。

【2D】イメージ

2Dではイメージの厚み全体を見ています。

【3D】イメージ

3Dではイメージのスライス部分のみ確認します。

従来のマンモグラフィ装置(2D)との比較

■現在のマンモグラフィの通常撮影(2D撮影)での被ばく量は1.7mGy、撮影時間は約3秒です。

■新たなマンモグラフィ装置では、2D+3Dで撮影する場合には被ばく量2.6mGy、撮影時間は約10秒となります。
(日本のガイドラインでは1枚の被ばく量が3mGy以下になるように決められているので、2D+3Dの撮影でも被ばく量は適正範囲になっています)

■個人検診、人間ドックのオプション検査において、従来通りの撮影方法(2D)か、2D+3D撮影の選択が可能です。

■2D+3D撮影については、従来検査の料金プラス1,000円で検査可能です。

3Dマンモグラフィに関する研究へのご参加のお願い

本会では、3Dマンモグラフィが日本人女性に有効であるかどうかの研究を2017年4月から2020年3月まで行う予定です。
そのため他施設よりも安価で3Dマンモグラフィをご提供します。
できるだけ多くの方に研究にご参加いただきたいと考えます。
ぜひとも研究にご参加ください。

本研究は、本会の倫理委員会の承認を得て実施されます。
研究参加はあくまでもご本人のご希望に沿って行い、利益・不利益に関する説明をお読みいただいた後、同意書にご署名をいただくことになっています。

研究に参加される場合の料金 ※表示料金はすべて税抜きです

人間ドックでのオプション検査

マンモグラフィ(従来検査2D+3D) 6,000円

個人検診

マンモグラフィ(従来検査2D+3D) +乳房超音波 11,000円

自費外来検診(専門医の問診・診察あり)

マンモグラフィ(従来検査2D+3D) +乳房超音波 19,000円
ご質問・お問い合わせに関しては医務管理課までご連絡ください。
03-3269-2175(医務管理課)
検査・健診のご予約は予約管理課までご連絡ください。
03-3269-2190(予約管理課)