理事長の挨拶

理事長の挨拶

1949年、東京・京橋に財団法人東京寄生虫予防協会が発足しました。戦後の寄生虫蔓延の時期に呼応して、幾多の健診機関が台頭しました。これら先達の努力によって、寄生虫感染症は次第に減少し、ついに撲滅に至った歴史があります。その後、財団法人東京寄生虫予防協会は事業を寄生虫から健診へと拡大し、ついに1967年、東京・市谷に財団法人東京都予防医学協会として新たに発足したのであります。
時代は戦後から変遷し、人口は高齢化を呈するようになりました。国はこのことに着目し、1963年老人福祉法を制定して高齢者の健康診査を行い、その後1972年にはこれを義務化したのであります。2000年には健康日本21を掲げ、一次予防の重視を打ち出しました。2002年には健康増進法に基づくがん検診の制定、2008年にはメタボ対策として特定健診、特定保健指導を始めたのです。2010年には第2次の健康日本21を施行し、健康寿命の延伸、健康格差の縮小を目指し、第2期の特定健診、特定保健指導を始めたのであります。
このような国の要請に応えて本会は経時的に着実にこれらの健診業務を実施してまいりました。特にがん検診についてはその精度管理の高さは他に類を見ません。2007年にはプライバシーマークを取得し、2012年には公益財団法人として再出発しました。2013年3月には検査部門充実のため検査研究センター棟を新設し、2015年2月には母体の保健会館本館を改修し、リニューアルオープンを果たしたのであります。
本会の理念は生涯健康、健康寿命の延伸であります。この理念に基づき、学校保健、母子保健、地域保健及び職域保健の健診を中心に予防医学一筋に励んでまいりました。ややもすれば馬鹿正直と言えるほど精度を重んじることをモットーにしております、この結果、幾多の一次予防や早期がん発見に寄与し、理念を全うしてまいりました。リニューアル後、人間ドックや外来部門の充実を図り、時代に即応した医療機関として、精進しております。
昨今の健診業界は弱肉強食の時代に入り、精度を度外視した廉価な健診が横行しております。本会は頑なに精度を重んじる健診を今後も変わることなく遂行する所存です。このことが受診者の健康と幸福に寄与することが大きいと信じるからです。どうかよろしくご交誼賜りたくお願い申し上げます。

公益財団法人東京都予防医学協会
理事長 小野 良樹

イメージ

協会概要