健康支援

人間ドックのお弁当「彩食健美膳」

ドックの昼食は、管理栄養士が考案した弁当を召し上がっていただいています。弁当の特徴は以下2点です。
・毎年お弁当のテーマが変わる
例:野菜を摂ろう(2013年度)、アンチエイジング(2014年度)、よく噛んで食べよう(2015年度)

・1食の目安となる栄養価に設定(カロリー700kcal以下、塩分3g台、野菜は120g以上使用)
また、昼食時に管理栄養士による講話を行っています。講話ではお弁当のテーマや工夫などについてお伝えしています。

イメージ

受診された方々からは、「美味しかった」「野菜がたくさん摂れるお弁当でよかった」と好評※で、講話については「ドックの日に普段聞けない栄養の話を聞くことができてよかった」、「講話で噛むことのメリットを聞いて、お弁当をよく噛んで食べたら低カロリーのお弁当でもお腹一杯になった」などの声をいただいています。

イメージ

人間ドック時運動相談

診察などでお待ちいただく間、快適に且つ、有意義に過ごしていただけるよう、運動に関する最新の情報提供、ストレッチなど簡単にできるリフレッシュ体操を提供します。また、個別の運動に関する相談もお受けします。一人ひとりに合った運動方法や運動時に生じる痛みなどについて、個別に対応します(目安時間:10分程度)。
<例> 正しい姿勢のとり方、VDT症候群対策、肩こり・腰痛緩和のストレッチ、効果的なお腹の引き締め方など

人間ドック時栄養相談

個別の栄養相談を実施しています。日頃の食生活について、栄養情報や健康食品について、ご家族の食生活についてなど幅広い相談を行なっています。

小児生活習慣病健診時の相談

地域、自治体にて健康教室